12 9月

闇金を一度利用するとアリ地獄のように逃れられなくなるのはなぜか?

闇金の特徴は登録されている銀行や消費者金融と違い、借入時の審査が無く誰でも簡単に借金できることです。
ルールが無い「闇金」の本当の恐ろしさは、借りてみて初めて分かることでしょうか。

闇金恐怖の例として一番に挙げられるのが1000%にもなる法外な利息と自殺者もでるような過酷な取り立てです。
一度利用すると、何度でも無理やり貸付し、一旦遅延すればどこまでも追ってきて返済を強要するので、
自力で逃れることはほとんど無理でしょう。

闇金からは夜逃げ、いわゆる借り逃げは可能でしょうか?
お金を借りたまま逃げることを通称「夜逃げ」「借り逃げ」「借りパク」と呼ばれますが、法律によれば
闇金で借りた借金は、返済しなくOKです。

しかし、それを利用することで「借り逃げできる」と簡単に考えると危険です。

なぜなら、借りるときに自分の住所や名前といった個人情報はもちろん家族、親戚、職場などが聞き取られていますので、
あなたが居なくても闇金業者はあの手この手で取り立てを行います。

通常、金融機関などに借り入れを申し込む際には「審査」があり、借主に安定した収入がなければ融資してもらえないが、
闇金は無職でもお金を貸してくれる場合が多々あります。
なぜなら、完済することができないほどの法外で高額な利息ですから絶対に踏み込んではいけない世界です。

でも、危険であっても借りたい人の窮状に付け込んで「ソフト闇金」「携帯闇金」「090闇金」という、一見すると
利用者に優しいスタイルの闇金が拡大しています。

この特徴は、従来の闇金にある脅迫まがいの取り立てを抑えているが、金利は従来と同じく違法に高額であることには
変わりません。

最初は優しくソフトに応対していても、返済が遅れると催促の電話が深夜、早朝に関わらず頻繁にかかってきたり、
職場や子供の学校に取り立てに来たりするケースもあります。

もし、闇金から借りてしまった場合や、闇金の被害に苦しんでいる場合は、
今すぐ闇金専門の弁護士もしくは司法書士事務所に相談し債務整理をすることです。

闇金からの取り立てによって、会社を解雇されたり、家族に被害が及んで一家離散したりする前に相談する必要があります。
相談なら無料の場合が多いので、まずは電話してみましょう。