18 8月

闇金による、あるある話

闇金からの融資を受けようとすれば、「審査」という名の下で、貴方の身分証明書の写真、住所、勤務先・学校、家族や親族の氏名、電話番号の情報を求められます。

審査は数十分の短時間で終わり、貴方の口座に融資額から「手数料」、「信用を作るための実績費用」などが差し引かれた金額が振り込まれます。

ほとんどの場合は10日前後、短ければ1週間を目安に返済日が設定されます。

例えば1万円の融資を受ける場合、手数料で2500円を差し引かれ、実際は7500円しか入金されていないにもかかわらず、10日後には融資額の1万円+利息分で15000円の完済金を要求される場合があります。

もし15000円が用意できなければ、「ジャンプ」という利息分の5000円だけを支払うをすることもできますが、元金がそっくり残っていますので翌日からも利息が発生しますので、10日後の返済の際にまた15000円の返済を要求され、10日ごとに毎回利息だけを支払い続ける人も少なくありません。

闇金取り立て利息だけでも順調に返済ができている間は良いのですが、返済日に利息分の5000円すら支払えないと、闇金業者は優しい口調から一転、突然態度を豹変させます。

業者から電話が、
「お前の住所分かってるんだから殺しに行くぞ」と脅され、実際夜に自宅にやってきたケースも。

また、闇金業者からの執拗な嫌がらせに困り果て弁護士事務所に相談をしてくる人も大勢います。

一番よくある嫌がらせのケースは、債務者本人の職場や、配偶者、兄弟の職場そして、子供が通う学校へのイタズラ電話です。

さらに悪質な嫌がらせは救急車や消防車を家や勤務先に何台も呼びつけたり、注文していない出前が大量に届くことも闇金による嫌がらせで典型的なものです。

こういった闇金業者と対抗するには弁護士や司法書士といった闇金問題に詳しい専門家の助けは不可欠です。

時間を置かず、出来るだけ早く相談しましょう。

そのとき心配なのが費用と秘密裏に解決してくれるか?でしょうが、心配ありません。
闇金に支払うことが出来るぐらいなら問題ないし、解決は家族や職場にも知られずにすることが可能です。