12 8月

闇金融犯罪と救済相談

闇金被害の相談調査によれば、闇金被害の相談受付数に変化は少ないようですが、闇金業者が復活し闇金業者の数がが多くなっているようです。

ご存知かもしれませんが、借りた本人だけでなく家族まで巻き込む酷い取り立てにより、ある都市の被害者一家が全員自殺しました。

これにより、ヤミ金の違法行為が社会問題となり闇金の掃討が行われ表立った酷い取り立ては鳴りを潜めました。

それでも闇金が根絶されたわけではありません。

摘発逃れの意味もあって、強引な取り立てをする業者が減少はしました。
ところが平成24年前後より、過去に問題となった過酷な取り立てをするヤミ金が復活しているようです。

ヤミ金の取り立て方法は、不安と恐怖を与え利用者の親や兄弟そして親族までにも圧力をかけるものですが、これは返済金がない利用者に代わって第三者から回収するのが目的です。

利用者の家族を追い回し、利用者本人の職場に限らず、家族の職場にも来て、働き続けることができないようにします。

利用者の中には、プライドを守りたいが故に秘密にしようとします。そのような心理を利用し、本人のみならず、家族や職場まで闇金は巻き込むのです。

その結果、闇金被害者の多くは、新たな借金を強要されるなどの、非人間的なことを要求されます。

闇金が被害者を利用する手口の1つは、利用者が延滞するか、融資を求められたときに、利用者名義の携帯契約を携帯会社と締結させたり、被害者に銀行口座を開設させて犯罪資金の入金に利用します。

これらの銀行通帳や携帯電話を小道具に使って新たな犯罪を企てます。

利用者にとって、問題なのが闇金被害者が新たな被害者を発生させる意図は無くても犯罪の一端を負わせられることです。

対策としては、自分一人で何とかしようとしないことです。
犯罪者集団である闇金には闇金業界に詳しい弁護士の闇金被害相談窓口に連絡してください。

14 7月

闇金の取り立てに対処するには

ヤミ金の問題で悩んでいる人は決して少なくありません。

闇金取り立て法律で定められている金利をはるかに超えた高い金利を請求されて困っているという場合や脅迫に近い取り立て、そして催促を受け外に出ることが怖いという人もいるんです。

このようなときには、ヤミ金対応を行っている弁護士に相談をすることです。
司法書士であってもヤミ金問題に対応をすることは可能ですが、弁護士は法律の専門家であることから大変頼りになります。

したがってこういった問題を抱える多くの人が、弁護士に相談を行い依頼をしているんですよ。

ヤミ金対応可能な弁護士を知りたいという時、周りの人に尋ねてみるという方法もありますがこれでは自分が借金問題を抱えていると公言をしているようなものであることからインターネットを利用することが有用です。

インターネットを利用することで誰にも知られずに弁護士を探すことができるので、何の心配もいりませんよ。

中にはフリーダイヤルの相談窓口を設けているところや24時間365日にわたってメール相談を受け付けているところもあります。
こういったサービスとを活用して、自分が信頼をすることができる弁護士を探すということも大変有効でスピーディーに問題解決をすることができます。

ヤミ金には手を出しちゃいけないというのは、常識として誰でも知っていることですよね。

ですが手を出しちゃいけないと知っていながらも、追い込まれてしまうと利用してしまうんです。またヤミ金業者に上手く乗せられてしまって、つい手を出してしまうという人も少なくはないでしょう。

ヤミ金は一度利用すると、いつまでも完済することが出来ずにいつまでも、支払いをしなくてはいけなくなってしまいます。

払いきれない利子を要求されているのですから、完済できなくて当然なんです。ですから自分が利用してしまったんだから、違法な利子であっても返済しないといけないと考えるのは間違いです。

ではどうやってヤミ金対応をすれば良いのかということになるのですが、相手はヤミ金とはいえ金融のプロです。

素人が立ち向かっても、そう簡単には事態を改善することは出来ないでしょう。そうなると、こちらもプロを使って対向するしかありません。

そこで弁護士に相談をして、事態の改善を図る事をおすすめします。
弁護士はプロ中のプロですから、例えヤミ金業者であっても毅然とした対応をしてくれます。

きちんと法的に解決してくれますので、安心して任せることが出来ます。無料相談を行なっている弁護士事務所も沢山ありますので、まずは問い合わせをしてみましょう。

07 6月

債務整理と弁護士選び

日本中に対応している弁護士・司法書士を選ぶ理由

借金減額問題債務整理を弁護士あるいは司法書士に頼む場合、あなた自身が在住しているエリアの弁護士・司法書士を利用するか、全国的に対応している弁護士・司法書士を使用するか決めかねることもあるかと思います。

基本的に、弁護士と相談するには前もって面談のアポをとって、30分5,000円ほどで相談させてもらいますが、電話のみの法律相談には対応してくれません。

でも、借金減額への対処は速さ勝負です。
1日手遅れになるばっかりで住まいだけでなく、仕事場や親類宅に金融会社からの取り立てや嫌がらせの電話がくることもあります。

その点、躊躇なく電話相談・依頼が可能な全国対応の弁護士・司法書士だったら秘密厳守で、職場や親族への処理も気を使ってくれます。

日本国内対応の弁護士のデメリットとは?
デメリットは、相談時に電話での対処となるので顔が見られないことです。

全国対応の弁護士がお勧めできるのは、債務整理問題を可能な限り人に秘密裏に対策をして欲しいという場合です。

地元の場合、「○○さんが法律事務所を訪問していた」といったことが直ちにウワサになってしまいますが、自宅から誰にも知られずに電話で行えば、他人の目につことはありません。

また、借金問題が露呈するのは、問題をそのまま放っていたり、対応の遅い弁護士や警察に丸ごとを任せていたが為に金融会社の嫌がらせが仕事先や実家に対しすることでバレます。

全国対応の弁護士は、この切羽詰まった状況を分かっているので即日での対応も可能です。

・可能な限り早く解決したい
・親戚・縁者や職場、ご近所などバレずにけりをつけたい
・保有しているお金が無いので後払いや分割支払いの対処をやってほしい

全国対応の弁護士の良い点は、債務者の状態をほかの弁護士に比べて「理解してくれる」といったところにあります。

まずは相談してみてあなた自身の悩み事を聞いてもらってはどうでしょう。